松之山美術館UZUのリーフレットを作りました!

みなさんこんにちわ!亜土梨絵のブログにようこそ!

実は、ご旅行で、日帰りで松之山に来られた方。また在住の方にも、どーしても訪れてみて欲しい場所があります。

【松之山美術館UZU】

artUZU

飯野さんは本当に実力者であられて、めぐりあわせによっては世界の美術史にお名前を記せる程のお方です。                             なぜそうなっていないかと考えるとおそらく描くことが好き、人に喜んでもらう事が好きな方でそれ事以上を求めていないお人柄だからだと思われます。

春からの個展を見にいらした方にも是非知って欲しくて飯野画伯ご本人の許可を得まして亜土梨絵でリーフレットの作成を開始しておりました。今回プロトタイプをお見せしてきました所、設置を快諾いただけまして、お披露目になります。

内側の本文です。                                プリンターがぼろなので、あまり絵の写りはよくありませんが・・・。

20150309_132156

 

表面に100号の大作、シリーズ貝殻からの心象より 【海】

裏になる面に小さなスケッチブックにさらっと書いた童話のキャラクター。           何を隠そう、このキャラの原画はガラス製の額縁に入れてお土産用のポストカードに紛れて販売されています!ちょーちょー掘り出し物。

20150309_132221

拡大図です。  お玉をかぶって。                            これ 原画なので欲しかったのですがあえて買って来ませんでした。早い者勝ち!

DSCN0318.jpgkai

三つ折りの図

20150309_132204

こうやって置いてあったら僕なら迷わず手に取って開いてしまう・・・。と思う。                                      飯野さんの絵は荒くプリントしたとしても思慮深く、緻密で鮮やかですが、子供さんも素直に魅かれる魅力を持っています。

20150309_132436

 

なかなか見つからない詳細地図も発掘して貼り付けました。            最近見かけない地図ですが非常にわかりやすい地図。

いつの地図かな?

 

UZU

もう道路の雪も除雪され、すっかり綺麗になっていました。

内容はこの後娘さんにも確認後店内に設置いたします。

画像はその都度良いものに変わりますので、ご了承ください。

 

***********************************

尚、この画像に関しては撮影許可をいただいておりますが、他、ネット上に上がっているいかなる作品の画像にも相応の著作権が発生しており、無断での利用、複製は禁止されておりますのでご注意ください。

***********************************

 

それではこれを見た方が松之山美術館.UZUに行ってみたくなる事を祈りつつ・・・。

 

 

 

 

松之山美術館UZU

みなさんこんにちは◎

今回は第二回目の作家、芸術家の紹介になります。

今回は東京で生まれ、2002年に松之山に移住された飯野紀雄 画伯です。

「ゴッホやゴーギャンと肩を並べる程の画力と情熱、テーマ性を持った方」と称す方もいらっしゃる人もおられるほどの実力の持ち主。

僕が解説などおこがましい事甚だしいのでこちらとしては、初心者でも楽しめるよう、一本のガイドラインだけ引かせていただきます。

ガイドはガイドであって大体の方向だけ指し示させていただくので後は個々ご自由にどうぞ。

すでに興味深々な方はどうぞこちらにお進みください。↓

飯野紀雄 松之山美術館UZUホームページ

それでは少し館内をご案内させていただきます。

入り口、インターホンを押すと飯野画伯が出迎えてくれます。画伯なんて書くと構えてしまいますが、買わせようという気もまったくない上、すごく気さくな方で絵を見に来てくれた事を心から喜んでくれます。                   開館時間は10:00~18:30(不定休)入場無料

20150128_155121

入るとすぐ飯野さんの絵画や各種作品のあり方等が書いてあります。

20150128_154557

すみません写り込んでしまいました。

一階に[飛翔]50号油彩                             ベネチアやペルージャ、クレタ、シチリアの水彩、パステル

階段正面には [ニケ]

20150128_154607

いたる所に貝殻が・・・。

20150128_154516

二階は居住スペースです。壁や通路にもすごいのがたくさん!眺めながらアトリエ兼展示室の三階へ・・・。

シリーズ貝殻からの心象と1960年ごろの作品、デッサン、デザイン画。

[海] 油彩50号の前でしばらく圧倒されます。                                唯々眩いばかり。

手前はおみやげ用の絵ハガキ。                        テーブルに記帳ノートがあるので是非記帳を、製作の励みになります。DSCN0295

飯野紀雄と言うフィルターを通して描かれた松之山の風景             東京大空襲時の焼野原のデッサンなど。

シリーズ 貝殻からの心象 [舞い飛ぶ] [海の怒り]等も

DSCN0296

下って 二階へ、途中ここにも貝殻が

DSCN0307

降りる前、[想う] 窓と比べてサイズを想像してみて下さい。小窓ではありません。

DSCN0302

戻って二階、

DSCN0291

ここでは載せませんがこの作品の脇に短い説明文があります。             この文の意味を本当に理解出来たとき、今まで見てきた作品が突然脈動をはじめ、輝きをさらに増し、強いオーラを放ちはじめます。

足は迷わず、もう一度展示室に向かってしまう・・・。

二度目の作品はまるで生き物のように見えてきます。

もし読み取れない場合はお尋ねください。こっそり教えてさしあげます。

過去に行って気づけなかったかたも是非お尋ねください。

確実にもう一度足が向かってしまうでしょう。

これでご案内は終わりです。

 

 

今度簡単なパンフレットを作って店内に配置しておきます。

是非手に取ってご覧になってみてください。

そうそう、この夏にですね。

亜土梨絵でお預かりしている作品。

[野々海の橅]                                                そっくりなロケーションを見つけました。

 

 

20150129_10050720140720_090139

これは残念ながら杉ですが、でもたとえばもし飯野さんがここらへんの風景を眺めながら筆をとっておられたらと思うとすごく浪漫をかんじます。

ここは大厳寺に向かう途中、野々海はもっとずっと向こうです。

 

今回はここまでです。                                  それではみなさん。是非一度松之山美術館UZUを訪れてみてください。                 あなたにとっての運命の一枚に出会えるかもしれません。

亜土梨絵温泉コーシー                        ではでは