アカショウビン写真展

みなさんこんにちは!

またまた久方振りの投稿になります。亜土梨絵のブログにようこそ!

そろそろ「さぼってんじゃねーぞ!」とのお怒りの声が聞こえて来そうですが、決してサボっている訳ではございません。

苦肉の策として昔のお部屋に投稿はしましたが、最近PCのご機嫌が斜めで投稿できずにおりました。

今回はご機嫌麗しい時にささっと画像だけ張り付けて携帯からの投稿になります。

さて、開催日程は決まっておりましたが、こちらでは告知できておりませんでした眞鍋 英敏さんによる撮影のアカショウビン写真展が5/29~6/26の日程で開催確定致しましたので、この場で告知とさせていただきます。

アカショウビンは渡り鳥で毎年この時期に日本に飛来し、つがいを作って卵を産み孵って体力がつくとまた東南アジアに帰っていきます。

大変な距離を飛んで帰って来るわけですね。

愛好家の方々は今年もアカショウビンに会いにきたとか顔を見に来たと言われます。

今年は温泉街ではまだキョロロの一声は聞いておりませんが、近隣のあるばしょでは朝元気に鳴いているそうです。

それでは運良く出会えた方も、残念ながらまた出会えなかった方もこの機会に是非その勇姿を見に来てあげて下さい。

尚、入場は無料。

吹き抜け階段の上からキョロロキョロロと囀ずりが聞こえれば、営業中となっております。

20150519_13082120150519_130915

安吾岩に藤の花。風流でした。

みなさんこんにちわ!憶えていていただけておりますでしょうか?

亜土梨絵のブログです。

現在はいている草鞋が3足からスポットで4足になってしまいなかなか更新できませんでしたが本日は花模様とブルーベリーの状況を見に大厳寺と大松山まで足を伸ばし羽を伸ばしてきました!今回は画像がたっぷりなのでちょっとした解説だけにしておきますね。

 

20150513_094606 - コピー (3)

先ず天水越、大厳寺入り口。田植えを待つ稲と藤の花。あちらこちらで藤の花が満開^^

20150513_095648 - コピー - コピー - コピー

希望館裏の木蓮。落ち着いたたたずまいが好きな花です。

20150513_095728 - コピー - コピー - コピー

ブルーベリー❤今から楽しみ。今年は亜土梨絵以外でも2店舗での提供が予定されています。営業.担当はもちろん僕。だって完熟手摘みですよ!ほんとのブルーベリーは香り高くて甘くて酸っぱくて噛んだらプチってするんです!でも蜂がぶんぶん飛んでくるので自採りはNG。希望館で購入してください。

隣に松之山の花、シラネアオイがありますが、まだ雪ノ下。ウィキペディアでシラネアオイを調べると松之山の文字が!

20150513_112637 - コピー (2) - コピー 20150513_112512 - コピー (3) 20150513_112348 - コピー (3)

上湯三叉路。アズマ、キクザキイチゲ(場所によっては絶滅危惧種)ニリンソウ、それからスミレ。ニリンソウは薬師堂の山側遊歩道、さか新さん裏あたりが見事です。

20150513_113126

多分昨年のヤマユリの主の幼生

この後こうなる↓神社のすぐ下

 

o0640048013017502452

ちょっといくと・・・

20150513_113435 - コピー - コピー 20150513_113452 - コピー (2)

福寿草。小川をとびこえて。よっこらせ!

 

20150513_113555

安吾岩に藤の花! ふーりゅー!もっとおっきく撮るべきでしたが是非拡大してご覧ください。

20150513_114040 - コピー DSCN0449 DSCN0457 うの木の花、その他いろいろ

タンポポは薬師堂入り口

DSCN0453 DSCN0456

大松山山頂。ここも藤の花が綺麗でした◎

DSCN0455 - コピー

なんかヤマボウシっぽいのみえるな~間違ってって咲いちゃったのかな?

セミまで鳴いているし。

 

 

ということで情報が欲しい方は亜土梨絵にて見どころをでお教えできます。お気軽にお尋ねください。

この後はシャガ。トラノオなど、梅雨に入ったらエゾアジサイなどです。

長文で失礼しますがかねてより修業中でした製パン、製品化への道が見えてまいりました。

色々と助言やお力添えいただいている皆様、本当にありがとうございます。

今回実は製パン用の平釜を導入させていただきまして焼き上りが劇的に変化いたしました!

1430981215473 20150327_162931

画像下右から最初(排風式コンベクション)、隣は先生から助言をいただいて焼いたもの(排風式コンベクション)上が助言をふまえたうえで平釜で焼いたもの。いや~道具の力って偉大です。ほんとにパンらしくなるよう誘導していただけました。

瓦煎餅みたいにガリガリだったクラストもパリッと軽やかに~♪

課題は多いですがやっとおぼろげながらに見えてきました。成型と焼成具合、発酵具合、上火下火別設定の焼きの温度、単純なだけに少しずらすと大きく変わってしまいます。でも自分で決める事のできるアナログ感は最高に楽しいです。オーディオで言ったらイコライザーみたいな物でしょうか?

最終的にはお客様にこれの湯治豚サンドと特製野菜スープを持って野山の散策、探鳥会、山菜取りや遊歩道散歩に出ていただくのが夢です。

正直自分がブーランジェやるなんて思ってもみなかった。

6月ごろにはいけるかな?

思わせぶりばかりですみません。

明日もがんばるぞっ!おーッ!

ではでは。