只今製パン修業中その2

みなさんこんにちは。本日も亜土梨絵のブログにようこそ。

現在、遊歩道開花マップ作成中なのですが

今年は雪が多く、遊歩道に入れるのはまだ先に.なりそうです。            先に書いておくと昨年のイチゲの初咲は4/5でした。

o0480064012906174407

場所は温泉街から上湯三叉路の間です。今年は少し遅そう。その辺はこれから徐々にご案内させていただきますのでもうしばらくお待ちください。因みに咲いているのは登りの時の右手側です。

さて、松之山温泉内の集まり、「まんま」での企画で                          「松之山  温泉水入り米粉パンプロジェクト」という物がありまして、松之山温泉の源泉を練り込んだパンを作ろうという計画です。

某有名ブーランジェリーのシェフによって温泉水の特性を活かしたパン生地のレシピはすでに出来上がってておりまして、共有施設「地炉」で「ほうの木」に巻きつけて囲炉裏で焼く、湯治豚の米粉パンぐるぐるバゲットサンドツアーの方は実行に移されております。

guruguru

 

肝心のシェフのお名前は知っている方もおられるでしょうが僕の口からは今のところ伏せさせていただきます。

で、僕は何を担当しようとしているのか?と申しますと、すでに焼いてあって、食べるスタンバイの出来ているパンを作ろうとしている訳であります。

ふらっと立ち寄れる温泉場たるもの、ちゃんとした食事もそうですが、歩きながら気軽に食べれるスナック的な食べ物も重要だと思うのです。             おやきしかりあんぼしかり。

十一屋の方に製菓製造許可は有るので資格はばっちり、後は技術だけ。ということで気張って始めてみたは良い物のシンプルなだけに奥が深く、ネットにもオーバーナイト法なんかはあるものの48~120時間という低温長時間発酵しかも米粉配合、温泉水配合なんてものは有るはずもなく、データをとりながらしらみつぶしにやっていけばいつかは何とかなるにしても試すべき事が多すぎて、たまに偶然上手く焼ける時はあるものの、正直へこたれ気味の小麦草鞋もしくはクラストの厚いがちがちパン製造機になっておりました。

v・・・(ブレス記号)

今回はそのシェフが松之山にお泊りになられるという千載一隅のチャンスに巡り合えまして、スケジュールの合間にちょこーっとだけ見ていただく事ができたので2度目のお披露目と前回までのとの比較になります。

それでは

20150327_133736

追加された工程としては、成型前にしばらく室温に戻すということでした。温かい所に置いて30分程して成型。発酵

20150327_143527

今まではここまで発酵させるとだれてきてしまっていました。もっと発酵させた方が良いとのことでしたが、シェフのお時間の都合でここで焼き入れ。

20150327_161953

焼き上がり。左が前回右が今回。表情が全然ちがいますね。クープ1本の方がこのサイズには良いとの事で1本に。成型がうまくいくようになったら3本にしてもきれいに広がるとのこと。

クープを見てみます。

20150327_162007

前回

20150327_162022

今回。                                    前回はつるっとして形は綺麗ですが膨らもうとしてません。押さえつけられている感じです。今回のは表面が割れて下から新たな層が出てきています。エッジの立ち具合は切る深さで調節できるとの事。

カット面

20150327_162931

逆になってしまいましたが左が今回のです。一目瞭然ふっくらと。        前までのはこの発酵加減ですでに生地がだれてきていました。右は一回冷凍しています。

シェフはクープを切ってオーブンに入れた時点で移動されてしまわれたのですが、

「まだ柔らかい生地の張らせかたに慣れていらっしゃらないので、ダレた感じになるかもしれませんが、そこは整形に慣れるまでがんばってください。」と言い残されていかれました。その通りでした。

遊歩道をサンドイッチを持って散歩に出られる方が現れるその日を夢見て・・・。

パンを焼くのがまた少し楽しくなりました◎

あしたもがんばるぞ!

 

 

個展開催のお知らせ

みなさんこんにちは!本日も亜土梨絵のブログにようこそ!

今回は画廊喫茶 亜土梨絵での個展が第一弾から第四弾迄決定致しましたのでこの場で発表させていただきます。

新年度第一弾は

庭野 泰明(たいめい)染絵展

4月25日(土)~5月26(火)                                9:00~16:00(閉店)水曜定休 4/29は臨時営業で4/30は代休です。

 

DSCN0330作品のジャンルは                              故郷の美しく 「幻想的 神秘的」な心に残る心象風景を、                   絹布(ちりめん)に染料で染めて表現し、蒸す事により発色と定着を促した                創作風景作品です。

きものの生地を染め描いた作品という事で興味がある方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか?                              幸い今回は全部の作品にスポットをあてれそうです。                 ちりめん生地はそのままでも綺麗ですがスポットの光に当てるとより一層輝き、奥行きと深みと味わいを増します。

DSCN0333

庭野泰明さんは現在

・十日町市芸術協会会長                             ・新潟県美術家連盟会員                                    ・十日町市美術展 委嘱                                  ・十日町市石彫シンポジューム副実行委員長 などを歴任されておられます。

以下プロフィールになります。拡大してご覧ください。

img030

20150317_100659

こちらは福寿草の日本画です。

春の行楽の人出も賑わしく、何かと忙しい時候ではございますが、何卒ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

尚、入場は無料となっております。

 

 

その後は五月末頃より昨年に引き続きまして                                   眞鍋 英敏さん撮影のアカショウビン写真展。

六月末より旧松代町出身、花の精密な水彩画を得意とされる若井 茂雄さんの                           水彩画展

八月は現在交渉中

九月中頃より十月中旬まで十日町の版画家、尾身 伝吉さんの木版画展を予定しております。

詳しい情報は決まり次第この場で発表させていただきたいと思います。

天気も良く暖かになってきましたね。                     野鳥のさえずりや山を喜々して駆け回ると野兎の足跡も日増しに増えてきました。

春ももうすぐそこですね。

四月からはコーヒーやデザートメニューもまた少しずつ増やしていきたいとおもいます。

ではでは。

 

松之山美術館UZUのリーフレットを作りました!

みなさんこんにちわ!亜土梨絵のブログにようこそ!

実は、ご旅行で、日帰りで松之山に来られた方。また在住の方にも、どーしても訪れてみて欲しい場所があります。

【松之山美術館UZU】

artUZU

飯野さんは本当に実力者であられて、めぐりあわせによっては世界の美術史にお名前を記せる程のお方です。                             なぜそうなっていないかと考えるとおそらく描くことが好き、人に喜んでもらう事が好きな方でそれ事以上を求めていないお人柄だからだと思われます。

春からの個展を見にいらした方にも是非知って欲しくて飯野画伯ご本人の許可を得まして亜土梨絵でリーフレットの作成を開始しておりました。今回プロトタイプをお見せしてきました所、設置を快諾いただけまして、お披露目になります。

内側の本文です。                                プリンターがぼろなので、あまり絵の写りはよくありませんが・・・。

20150309_132156

 

表面に100号の大作、シリーズ貝殻からの心象より 【海】

裏になる面に小さなスケッチブックにさらっと書いた童話のキャラクター。           何を隠そう、このキャラの原画はガラス製の額縁に入れてお土産用のポストカードに紛れて販売されています!ちょーちょー掘り出し物。

20150309_132221

拡大図です。  お玉をかぶって。                            これ 原画なので欲しかったのですがあえて買って来ませんでした。早い者勝ち!

DSCN0318.jpgkai

三つ折りの図

20150309_132204

こうやって置いてあったら僕なら迷わず手に取って開いてしまう・・・。と思う。                                      飯野さんの絵は荒くプリントしたとしても思慮深く、緻密で鮮やかですが、子供さんも素直に魅かれる魅力を持っています。

20150309_132436

 

なかなか見つからない詳細地図も発掘して貼り付けました。            最近見かけない地図ですが非常にわかりやすい地図。

いつの地図かな?

 

UZU

もう道路の雪も除雪され、すっかり綺麗になっていました。

内容はこの後娘さんにも確認後店内に設置いたします。

画像はその都度良いものに変わりますので、ご了承ください。

 

***********************************

尚、この画像に関しては撮影許可をいただいておりますが、他、ネット上に上がっているいかなる作品の画像にも相応の著作権が発生しており、無断での利用、複製は禁止されておりますのでご注意ください。

***********************************

 

それではこれを見た方が松之山美術館.UZUに行ってみたくなる事を祈りつつ・・・。

 

 

 

 

松之山♨街開花予想マップ作成中

みなさんこんにちは!

本日も亜土梨絵のブログにようこそ!

現在、来る山野花の開花時期を見れる昨年の開花マップを作成中。

昨年の。今年は少し範囲を広げて対面旅館裏の遊歩道と、上湯大松山もすこし書き加えたいとおもいます◎

以下昨年の状況

o0640064012916735525

4月開花前秋葉橋カタクリo0480064012917469677

4月秋葉神社付近o0640048012924753231

5/8秋葉神社ほーきんとの祠化 o0480064012934819425

 

 

 

4月崖っぷちのショウジョウバカマまさに葉っぱがまさにはかまo0640064012907044472

 

4月上湯三叉路イチゲ一番咲きo0480064012906174407

5月イワウチワ?o0640048012924753265

6/18エゾアジサイ上湯簡易水道横 o0640048012976959151

6/18夢の家脇、黄金の回廊 足の踏み場なし

o0640048012976959259

6/4シャガ一斉に開花 絶景なり上湯三叉路付近シャガ有るの丘と命名

o0480064012962692554

 

6/18大松山山頂、一面見渡す限りのヤマボウシ スズメバチの巣がある。

o0640048012977461301

6/24ミズタビラコ

o0480064012982800438

7月遊歩道の立て看板を埋め尽くすドクダミ

o0480064012996713977

7/29上湯の山百合。山百合をのこして雑草だけ綺麗にかられている。            上は上湯山百合の主、180CM近くある。巨大  下は小鬼百合と山百合のペア何か告っているように見える。可憐

o0640048013017502452o0480064013017502586

画像サイズが小さくてすみません。

今年もまもなく山騒ぎシーズン突入。現在調査も開始いたしました。詳細はもうしばらくお待ちを。

先読みしたい方は引っ越し前のアメブロの2014年の記事をご覧ください。

出来上がりましたら店内に配布とこちらに大きいサイズで上げてみたいとおもいます。

春先は雪の上を歩く事になるので長靴と杖をご用意ください。

早くあったかにならないかな~。

亜土梨絵温泉コーシー            ではでは

 

 

 

ほーきんとがおえました◎シュラハトプラットをつくりました。

本日も亜土梨絵のブログにようこそ。

実はスマホとpcをつなぐケーブルを紛失してしまい今日やっと発見致しまして、ブログを更新できないでおりまして、ひさびさの更新です。

3/4は快晴で、遊歩道の下見に行ってきましたよ。

20150304_130659

 

秋葉橋はまだ雪で登れないので、不動滝方面です。

 

20150304_13044320150304_125857

春が近づくとうれしくって野生動物も大騒ぎ。上はうさちゃん下のこのどんくさい歩き方は狸きち君でしょうか?

こうやって騒ぎながらこの後顔を出しはじめる山野草の肥料を散布してくれます。

これは春になると毎年.がけっぷちを下ってくるヤマドリさんの尾っぽだけ。           カメラマンは見たっっっっっ!!!!左端の鉄柱根本にいらっしゃいます。この方大松山でもそうなんですがいつもこんなシチュエーション。飛ぶのは苦手ですが5メートルくらいは飛び上れます。

実は雉さんもあまり飛べないくちです。

20150304_124422

フキノトウもでてました。結構おっきかったです。ピンポン玉くらいあったかな?

20150304_130827

春ですね~(^^)                                  でも今日は雪。

話は変わって続ザワークラウトネタ

20150305_100232

しゅわしゅわ酸っぱくなって大分良い感じ。

冬だからって変に温めたりせず、普通に置いとくのが一番みたい。今回は塩1.5%位の日中は暖房をつける部屋に放置、常温で10日。乳酸菌は嫌気性細菌なので触らずにじっと我慢、ヘタに混ぜちゃったりすると内部の細菌の抗争状態が一気に酵母優位になって漬物臭になってしまいます。

多分3日位までは変化はなく、4~5くらいで少し漬物っぽい香りに、7日めくらいから酸味と特有のさわやかな香りがではじめます。カレーやハンバーグにもあうし、ニシン漬けとかだと、酸っぱくないほうが好きな方が多いですが、こちらはちょっと酸っぱすぎるくらいがおいしいので全く手間いらずの放置でok。

今回はオーダーがあったのでシュラハトプラットを作ってみました。一般的にはザワークラウトとかシュークルートガルニとかって呼ばれます。

オール自家製!上から豚の血のテリーヌ 豚足の、ゲーゼに近い処理のソーセージ、これは非常に重要なアイスバインの代用、豚の皮がないザワークラウトなんて考えられません! 後豚バラの燻製ベーコン ザワークラウト。そしてインカのめざめ。      向こうではじゃがいも専門店なんてのがあって常時15~20種くらいおいてます。

 

20150303_175721

フランスではシュークルートロワイヤルと言うのですがラーメンで言うとトッピング全部のせみたいな感じで大体4人分からなのですが、これでもかってくらいのキャベツ山盛り(大体一人分でラーメンどんぶり一杯分位!)にベーコンやソーセージ、塩漬け豚の角煮のブロックがたくさん張り付いたのが出てきてマスタードをべったり付けてモリモリ食べながら、ジョッキをがっちんがっちんぶつけてのビールや厚いグラスになみなみ注いだテーブルワインをがばがば飲むためのイカしたお料理です。

渡欧して長旅で疲れた胃腸にガツッと効く。初日の晩一押しメニュー。

 

 

20150228_160544

こっちは豚の血液のソーセージ。ケーシングがなかったので、テリーヌ型で、65%沖縄産豚血使用。フランスでも都会ではマッシュポテトとリンゴのコンポート、マスタードを添えるのが一般的。

 

欧州では秋に丸々と太った豚をつぶし、まず保存のきかない血を食します。鉄分とミネラルたっぷり。(^^)

余った分はコーンスターチ香辛料と混ぜて65℃くらいまで火を入れ、冷凍。                 包丁でハムくらいの厚さに切ってフライパンで焼き、サンゲットとして食べたりもします。

腸は腸詰めにして燻製乾燥。

肉は塩漬けで保存。不足しやすく火を入れた根菜からは取りにくいビタミンcは乳酸発酵でビタミンのましたザワークラウトの漬け汁やキャベツで、そのほかのミネラルはむこうではお水から採れます。世の中うまくできてます。

現状ランチとしてはスープとサンドイッチのみのご用意ですが、興味のある方はお気軽にお問合せください。在庫があればご用意出来るかもしれません。ただ、豚の血液だけは輸送費が恐ろしく高いので、ご期待に添えれる可能性は低いです。

ほとんどと言うかすべて一次加工からやるので手間がかかってひがな一日黙々と。    部屋にこもって音沙汰なしですが一応色々やってます。

 

亜土梨絵温泉コーシー

絵とコーヒーと音楽と・・・・・・・・たまーにお料理                                画廊喫茶 亜土梨絵          ではでは!

ブラジルのお豆がカカオ系のセーラ・ネグラ農園からナッツ系のカタンドゥバ農園に変わりました!